トップ  > 電子製品 > ワイヤープローブ

ワイヤープローブ

Wire Probe

更なる狭ピッチ検査に必要不可欠な
高精度、高品質を実現!


極細ワイヤープローブ治具


端子付ワイヤープローブ治具

プローブ自体に弾性のあるワイヤープローブは、一般的に「ニードルプローブ」と呼ばれています。このプローブの構造は実にシンプルで、特殊な高弾性ワイヤーを用いることによりプローブ自体にバネ性を持たせています。
プローブに圧力が加わった時に、ワイヤー本体の弾性変形や復元力を利用することによって、ピン圧を発生させています。

基本的なテスト(検査)治具は、このワイヤープローブを固定するプレートと、チップへの位置決めを行うガイドプレートからなります。

特徴
ピン圧力

ピン圧力は材質(硬度)、線径、固定プレートとガイドプレートの距離で決まります。 また、ワイヤープローブのバネ特性は、コイルバネ式プローブのそれとは異なり一定のストロークまで急激に立ち上がり、それ以上のストロークでは安定します。

しかし、プローブの『弾性限界』を超えるストロークでは逆にピン圧が低下してきます。この領域での使用はワイヤープローブが復元しない可能性があり、使用はさける必要があります。