トップ  > 会社案内 > ブランドストーリー

ブランドストーリー

Tulip

チューリップブランド

チューリップは、300年以上続く広島針の伝統を背景に1948年に広島で生まれた手芸用レース針、手縫針、かぎ針、編み針のブランドです。創業者の原田穆(アツシ)は、使いやすく安全で高品質の商品を作り上げていくこと、そして誰からも愛され、親しまれるブランドを目指しました。

現社長2代目の原田耕太郎は創業者の想いを引き継ぎ、「チューリップの商品を使って毎日の生活を楽しみたい。」という人に誠実と奉仕の信念を持って最高品質で社会に役立つ製品を届けたいと考えています。

「広島とチューリップが好きだから、お客様にも喜んでいただきたい。」と思うスタッフが集まり、「針から始まる豊かな生活」を提案します。

50年、100年後もお客様に愛され信頼され続ける存在となれるように、伝統的技術を温めながら一層の技術蓄積を進めていきます。