トップ  > 会社案内 > 沿革

沿革

昭和23年
広島市楠木町において、つり針の製造及び線材加工業として創業。
昭和25年
家庭用手縫針の生産を開始。
昭和28年
手芸用レース針、かぎ針、編み針の生産を開始、輸出向け販売に着手。
昭和30年
商標権、チューリップブランド取得。
昭和38年
資本金200万円で法人組織、株式会社原田製針所を設立。
昭和40年
広島県山県郡加計町(現、安芸太田町)光石に加計工場を設立。
昭和41年
資本金500万円に増資。
昭和45年
チューリップ株式会社に社名変更、資本金750万円に増資。
昭和48年
第14回全日本中小企業輸出見本市においてCROCHET HOOKS SET(レース針・かぎ針セット)が優秀商品賞を受賞。資本金1050万円に増資。
昭和51年
レース針、かぎ針、編み針の販売拡大に伴い、加計工場の増設。
本社工場の生産設備を加計工場へ移転。
昭和54年
品質第一主義の方針に基づき、品質管理の導入を実施。電子部品関連の精密針の生産を開始。
昭和55年
QCサークル活動開始。 コンタクトプローブ製造開始。
昭和56年
第1回「QCサークル発表大会」開催。
昭和57年
生産品種の多様化に対応する生産体制の確立の為、加計工場の第2期増設。
昭和58年
加計工場が、日本工業規格表示許可工場に指定。手縫針 JIS S 3008
昭和61年
西ドイツ・ケルン(現ドイツ・ケルン)handarbeit & hobby出展。
平成  2年
株式会社チューリップコーポレーションを設立。
平成  3年
チューリップ株式会社 新社屋完成。
平成  8年
JPCA Show出展。
平成10年
チューリップ株式会社 創立50周年。
平成12年
三篠工場開設。
平成14年
湯来テクノセンター新設。
平成15年
セミコン・ジャパン出展。
平成18年
東京国際キルトフェスティバル出展。
平成19年
湯来テクノセンターのクリーンブース増設。
平成20年
チューリップ株式会社 創立60周年。
平成21年
エティモ クッショングリップ付きかぎ針が「第11回ひろしまグッドデザイン賞」奨励賞(ユニバーサルデザイン部門)を受賞。
平成23年
切り替え式竹輪針セット キャリーシーが「第12回ひろしまグッドデザイン賞」奨励賞(プロダクトデザイン部門)を受賞。
平成25年
出雲大社「平成の大遷宮」奉祝事業 出雲 奉祝の花・ダニエルオスト 八幡垣・織アートに参加。
平成26年
エティモ ロゼ クッショングリップ付きかぎ針セット、「広島針」針仕事が「ザ・広島ブランド」に認定。


ザ・広島ブランド認定式